体幹も鍛える


ウエストさまざまなトレーニングをする中で、体幹の重要性が問われるようになってきました。フィットネスクラブのプログラムにもさまざまなトレーニングが組まれるようになってきました。体の胴体をくるむように存在する筋肉を鍛えるものであり、なにかマッチョになったりするわけではありません。もっと根幹的な内側から鍛えていくことが重要です。インナーユニットなどと呼ばれることがありますが、アンティグラビティフィットネスは、この筋肉群を鍛えていくことができます

体幹のトレーニングにはいろいろとあって、腹筋などを意識しながらおこなったり、不安定な状況を作り、自分の体がもっている力で鍛えていく方法があります。アンティグラビティフィットネスは、空中でおこなっていくトレーニングのために、体はバランスを取ろうとしていくでしょう。それも自然な環境の中とは異なり、重力によって体に負荷がかかります。危険な怪我の心配をしないでも、鍛えにくいところに力が入っていくことになるため、これまで強引におこなっていたようなことも必要がありません。体幹をしっかりと作り上げられるのですから、日常生活にも大きくメリットを作り出していくトレーニングといえるでしょう。


関連記事

特殊性の高さ


シルクアンティグラビティフィットネスは、かなり特殊なプログラムのひとつでしょう。天井からつりさげたエアリアルシルクを利用するのですから、他ではなかなか見られません。ハンモックのような状態から、体を包むようにおこなっていくのを考えると、空中で浮いた状態でおこなうトレーニングになるといえるでしょう

実際に手足だけの時もありますが、全身をくるむようにすれば、なかなかできない体験です。空中になってくるため、揺れることになりますが、この時に体のバランスを全身で取ろうとしていくため、必然的に大きな運動量となっていきます。

アンティグラビティフィットネスの場合、空中だけではなく、上半身や下半身だけ釣り上げておこなうトレーニングもあるのが特徴です。動きを激しくしていく必要もなく、ゆったりとした動きでもできるところも人気のひとつといえるでしょう。かなりリラックスした状態でもフィットネスになっていくのですから、やってみれば人気になっていくことがわかるはずです。空中で浮遊するという感覚は、特別なものが出てきます。だからといって、危険を感じるような高さや動きをするわけではありませんので、安心してできるトレーニングになるでしょう。


関連記事

フィットネスクラブ


さまざまなトレーニング法が開発され、フィットネスクラブで実践できるようになってきました。トレーニング方法はいろいろとありますが、これまで考えても見なかった方法もあります。独創的なトレーニングとしてプログラムが活用されてきているのが、アンティグラビティフィットネスです

男性名前を聞いたことがないという人も多いプログラムですが、シルク・ド・ソレイユでおこなわれている演目をフィットネスクラブに用いたものです。かなり独特で、名前の通り、重力に逆らいながらおこなっていくのが、アンティグラビティフィットネスの特徴といえます。空中でおこなっていくヨーガになりますが、天井からエアリアルシルクをぶら下げて使っていく方法です。体を絡めながら空中を移動するようにしていきますが、シルク・ド・ソレイユのようにしていくわけではありません。一般的な人では不可能なことだからです。そこで、もっと一般的にできるように改良されており、エアリアルシルクも形状がハンモックのようにしてあります。思っている以上に負担を掛けることなくできる方法として、フィットネスクラブで活用されるようになりました。

特殊なトレーニングになってくるアンティグラビティフィットネスは、施設によってはできません。つりさげるかたちをとるため、補強されている施設になってくるからです。それだけにできるフィットネスクラブを見つけた時には大きなチャンスになってくるでしょう。かなり楽しいトレーニングですので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


関連記事

カレンダー

2018年7月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿